海のエコラベルを探そう!

ⓇMSC
ⓇMSC

 みなさんは「海のエコラベル」を知っていますか?

 資源が枯渇しないようにしっかり管理し、海洋生態系への影響に配慮した漁法で捕る、そんな水産物に与えられる認証のことで、世界的にはMSC認証が最も有名で信頼されている「海のエコラベル」です。(右のマーク)

 MSC認証はMSC(Marine Stewardship Council,海洋管理協議会)という国際NPO(本部ロンドン)が運営している国際的な認証制度です。漁業だけでなく流通業者から小売店までに認証を与えることで、厳正な管理のもと、認証でない水産物と混じることのない確実なトレーサビリティを保証しています。

 そして消費者の選択によって、水産資源の持続可能性と海洋生態系保全に貢献できるのが、このMSC認証なのです。日本人は世界的にも多くの魚介類を食べ、また世界中から輸入もしています。日本人の選択が漁業資源の将来に与える影響は小さくありません。ぜひみなさんもこのマークをお店で探してみてください!(日本では現在、イオン、西友、コープなどが導入しています。地元のスーパーになければ、お客様の声としてお店に要望してみましょう。)

 

・MSCホームページ(日本語)http://www.msc.org/jp?set_language=ja

色々な種類の魚を食べてみよう!

 日本は世界でも有数の豊かな漁場に囲まれています。最近では生態学的にも注目されているこの海域には、極めて種類の魚や海の生き物が暮らしており、日本人は昔から様々な種類の魚などを食べてきました。
 最近では焼くだけの切り身など、料理に便利な食材が多用される傾向にありますが、是非普段から色々な魚にチャレンジしてみることをお勧めしたいです。

 

 特に近年イワシ類などの消費がサケやマグロに比べて落ちています。海の生態系のバランスを取るという意味でも、少しずつでもそういった魚にまた目を向けるのもいいかもしれません。